好きな人に好きと言うだけで
なぜこんなにも大変なのだろう




    元素L




(何でたった2文字なのに伝えられないんだろう)



「何やってんだお前」
「うわぁ!ビックリした!!背後から急に声かけんなよ」
「鏡とにらめっこしてるから何をしてんのかと」
「べ、別に何も」
「ふーん」




不審に思われるのも当然だろう
今俺は鏡を見ながら口角運動中なんだから





なぜ俺がこんなことをしているか


それはウサギさんに俺の気持ちを伝える練習中だから


先日「好きだ」と伝えようと思ったら
その…何ていうか…伝えられなくて
だから一人で練習しているわけなんだけど




たった2文字のことなのに全然言えない
鏡に向かっては言えるのに
肝心の人の前では言葉が出ない



ウサギさんはよく俺に
「好き」って言う
そりゃ俺としてはすげぇ恥ずかしいけど
それでもうれしいのは確かで
ウサギさんも俺にそれを望んでいるのなら言ってあげたいけど
なかなか言葉にならない




言葉には言霊があるらしい
言葉には命があるらしい



(って、うちの鬼助教授が言っていたけ)




言葉には命があって
その言葉がいつか本当になると




もちろん「好き」だって気持ちに嘘があるわけじゃない



でも
それを伝えるのはとっても大変


ましてや言葉に命があるってことは
俺は命懸けでその気持ちを伝えないといけないってことで
俺は自分の言葉に命を吹き込んでいるってことで
そう思うともっと伝え辛くて



愛の言葉はねぇ
優しいくせに
それを伝えるまで
なんて苦い



愛の言葉はねぇ
胸の奥ではひどく不安定で
その不安定な気持ちでも
強い力であなたに届く




好きな人に
好きと言うだけで
何でこんなに



「大変なのかなぁ〜」



高橋美咲
今日もウサギさんに奮闘の日々




―――――あとがき―――――
「好き」って伝えるのは
大変なのです。
今回はヒロさんに無断で出ていただきました
(鬼助教授で)

元素L (エレメンタルL) ポルノグラフィティ




inserted by FC2 system